雄川の滝の記事でも書いたんですが、そのあと本土最南端の佐多岬というところにも行ってきたので、写真を紹介していきます。
山道を登っていくと駐車場に到着。
IMG_20180525_121453
IMG_20180525_121513
中央に大きなガジュマルの木
IMG_20180525_121917
途中の道路もそうでしたが、再開発中のようで工事中のところが多かったです
IMG_20180525_122022
IMG_20180525_122053
駐車場からトンネルを通り、展望台へ行きます。
真の本土最南端に行くにはガイドが必要みたいですが今回はいけませんでした。
IMG_20180525_122211
小さいですが佐多岬灯台が見えます
IMG_20180525_122416
デイサービスのおじいちゃんおばあちゃんたちが、遊びにきていました。
IMG_20180525_122421
佐多岬から見えるそうですが、曇っていたせいか肉眼では見えず
IMG_20180525_123205
佐多岬を観光地として開発した岩崎興八郎
IMG_20180525_123222
ここにも無料の杖貸し出し
IMG_20180525_123547
トンネルをぬけて展望台へ出発
IMG_20180525_122048
IMG_20180525_123553
トンネル内部の照明はセンサーで人が通るとつくようになっていました。
IMG_20180525_123600
トンネルを抜けました
IMG_20180525_123821
IMG_20180525_123832
IMG_20180525_123915
まずは途中の御崎神社に行きます
IMG_20180525_123945
IMG_20180525_124059
こちらの道は神社の鳥居前に通じてるみたいですが今は通れないみたいです
IMG_20180525_124111
御崎神社に到着
おじさんが一人いて掃除してました。
IMG_20180525_124337
IMG_20180525_124339
なぜかエミュー
IMG_20180525_124349
IMG_20180525_124404
IMG_20180525_124424
IMG_20180525_124431
神社の裏にも道がありましたが木が倒れており通ることはできず。
掃除してたおじさんによると、この先には戦没者の慰霊碑があるそうです。
三國連太郎さん主演で横井庄一さんの映画の撮影が行われたそうですが、みつかりませんでした。
IMG_20180525_124554
IMG_20180525_124612
IMG_20180525_124620
IMG_20180525_124651
IMG_20180525_124713
展望台に向かいます。すべての工事が終わると車いすでも展望台に行けるようになるとのこと。
IMG_20180525_124518
IMG_20180525_125110
IMG_20180525_125225
IMG_20180525_125438
途中の広場に到着
右のスロープを通って展望台へ
IMG_20180525_125453


IMG_20180525_125639
ぱっと見ジャングルのように見えます。
IMG_20180525_130008
IMG_20180525_130112
展望台に到着
IMG_20180525_130233
IMG_20180525_130314
IMG_20180525_130336
IMG_20180525_130434
展望台内部
IMG_20180525_130806
IMG_20180525_131006
展望台の屋上から
IMG_20180525_131425
IMG_20180525_131709
トイレは調整中のため使えず
IMG_20180525_131817

IMG_20180525_131952
展望台の下へ
IMG_20180525_132002
IMG_20180525_132019
観光地に必ずあるえらい人のなにか
IMG_20180525_132026
IMG_20180525_132051
なぜかえびす様
IMG_20180525_132102_1
IMG_20180525_132107
階段でさっきの広場へ
IMG_20180525_132201
IMG_20180525_132324
途中に灯台への道が
IMG_20180525_132353
IMG_20180525_132457
さっきの広場から灯台守広場へ行きます
IMG_20180525_132637
灯台守の官舎跡地がみえてきました。
IMG_20180525_132833
当然立ち入り禁止
IMG_20180525_132845
IMG_20180525_132856
案内板によると、灯台は明治4年に点灯開始、この灯台守官舎はイギリス人によって造られ、イギリス人と日本人の家族がすんでいた。
佐多岬灯台は大島にあり、中間の中之島との間にゴンドラが2つあり、内部から操作して渡っていた。
しかもゴンドラとケーブル以外木製
恐ろしい
IMG_20180525_133001
灯台への道はこちらも立ち入り禁止
IMG_20180525_133132
道を戻り、神社前へ
IMG_20180525_134244
IMG_20180525_134258
途中に海岸への道が
IMG_20180525_134344
いや道ないやん
IMG_20180525_134353
と思ったら何かある
IMG_20180525_134434
柵は20メートルほどしかなく、あとは獣道のような道を通って海岸へ
IMG_20180525_134554
IMG_20180525_134610
海だー
IMG_20180525_134624
海岸に到着
IMG_20180525_134712
IMG_20180525_134739
しかし、何もなくゴミだらけ
IMG_20180525_135135
IMG_20180525_135140
来た道を戻り、神社へ
IMG_20180525_135812
IMG_20180525_135858
神社の鳥居前で分かれ道
IMG_20180525_135916
こっちは明らかに通れなさそう
IMG_20180525_135926
亜熱帯の木々のなかに鳥居が立っており、不思議な雰囲気を醸し出しています。
IMG_20180525_135935
IMG_20180525_140022
神社からトンネル、駐車場へ戻り佐多岬の旅も終了!
IMG_20180525_140606
最後にパノラマ
駐車場から
IMG_20180525_122744
展望台から
IMG_20180525_131452
Instagramにはここにのせてない写真もあげてるんでぜひチェックしてみてください