現在中国では習近平の個人崇拝が進み、批判するものに対して非常に厳しい弾圧が行われているようです。

中国の元教授に生放送で取材、当局が自宅押し入り打ち切り CNN.co.jp

中国山東省で米政府系ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」の電話取材を受けていた元大学教授の自宅に複数の治安当局要員が突じょ押し入り、会見の実況放送を打ち切らせる措置を強行していたことが4日までにわかった。

VOAは声明で会見の放送終了後、元教授の孫文広氏との接触を試みたが連絡が取れていないと述べた。

VOAなどによると、治安要員が侵入した際、孫氏は中国の習近平(シーチンピン)国家主席が最近終えたアフリカ諸国歴訪の問題に見解を示していた。警官7~8人が踏み込んできたともVOAに知らせていた。

また、電話が切断される前、孫氏が「私の家に入るのは違法。言論の自由がある」などと治安要員に抵抗する言葉も確認された。「何か悪いことをしたのか」とも質し、「我々は金をばらまくためアフリカに行かない。ばらまきは中国と社会にも無益」などの発言も聞こえてきたという。


孫文広元教授は長年中国共産党を批判しており、今回の取材ではアフリカへのバラマキについて批判していた。

別の情報によると奥さんも連れ去られ、軍の施設に軟禁されている

孫文広元教授も以前記事にまとめた董瑶琼さんと同じように精神病院に送られてしまうのかもしれません。





中国の精神病院は日本からは想像もできないような酷い状況のようなので別に記事にまとめたいと思います。