今までの記事から予想できた人もいると思いますが、私は宮崎県に住んでいます。

宮崎県の都城市というもころで鹿児島県との県境にあり、霧島焼酎の本社があったり、焼酎365本とか牛肉2頭分などのふるさと納税が有名になったりしてます。


そして宮崎県の名物といえばみなさんご存じチキン南蛮

宮崎県はおそらく皆さんの予想以上に、そりゃもううんざりするぐらい、どこに行ってもチキン南蛮があるところ

え?こんなところでもと言いたくなるぐらいチキン南蛮をプッシュしてきます。

居酒屋、定食屋、レストラン、ラーメン屋はもちろん、パスタ専門店とかにもサイドメニューでチキン南蛮

サイドメニューどころかチキン南蛮カレーなるものをだしているカレー倶楽部ルウという店も存在します。

お店のサイトではルウ王子とかいうあやしい人物をみることができ、通販での購入も可能

このチキン南蛮カレーですが、鶏肉にカレーのスパイスを利かしてあるとかいう生易しいものではなく、カツカレーのカツの代わりにチキン南蛮が入っているというもの。

ここまでくるもはや狂気

県の条例で意地でもチキン南蛮出さないといけないとか決まってるんですかね。


何がなんでもチキン南蛮は、先日の記事で書いた高千穂峡でもそうです。


駐車場をでると古い建物に昔ながらのみやげ物屋に定食屋がみえてきますが、ここでもやっぱりチキン南蛮。。。

そのほかのお店の看板でも

川魚 山菜 チキン南蛮

イノシシ肉 鹿肉 チキン南蛮


いやなんかもういいです。。。


高千穂峡というのはほんとにきれいなところです。

おいしい川魚料理、山菜料理などを食べることができるというのに、あいも変わらずチキン南蛮。。。

さすがにここまで来てチキン南蛮たべるひといるんですかね?

この時ほんとにうんざりしたというか、冷めてしまったというか、もうチキン南蛮をたべたくなくなってしまいました。

実は高千穂峡に行ったのは2年前なんですが、それ以来ほんとに一度もチキン南蛮食べてないです。

みなさんも人からすればしょうもない理由で冷めてしまった、ということはあると思います。

いわゆる理不尽冷めってやつですね。



その後

今日は夕飯何を食べようかと地元スーパーの惣菜コーナーをのぞいてみると・・・

地鶏の炭火焼き、鶏ハラミの炭火焼き、鶏のタタキ、田舎風からあげ、塩にんにくからあげ、鶏皮のからあげ、チキンカツ、チーズチキンカツ・・・

この町は鶏肉しか食べんのか?


カレー倶楽部ルウは東京、大阪、福岡にも支店があるので興味のある方はどうぞ